●○31歳初めての免許

いやー、今日で11月も終わりですね。

来週から仕事も開始するんですが、ギリギリで「原付の免許とってみたらどうか」という話になりまして。

愛チャリ者の私には不要だと思ったんですが、もしこれで原付乗り回したら結構ラクにいろんなトコいけるんじゃないかなとか思って。

小学の文集で“運転させたらダメな人ランキング”に堂々3位になった私を超えたい!

というわけで前日に区役所で住民票ゲット。その途中にある千葉の中央公園。

なかなかいいじゃないですか。

禁止ですけどね。座っているスケーターも発見したりして。


そんなわけで『原付一発合格!』という参考書を1日読みたくって本日試験に臨みました。まぁこの「1日でなんとかする」って姿勢から免許をナメてますけどね。



やってきました、運転免許センター。

事前に母には「ひっかけ問題には気をつけろ」とアドバイスをいただいておりましたので、何もかもが敵だと。

そして朝9時半から学科試験開始。時間は30分。

合格するとその後適性検査を受け、午後から実技講習。そして免許取得、というコースになっています。

原付の学科試験なんて落ちるほうが難しい、なんて昔聞いた事がありました。どうやら今日原付の試験を受けるのは15人程度。ふふん、みなさま余裕ですよね。いやー、免許を手にした時の写メは誰に撮ってもらおうかなとか思ってました。


試験終了後、合格者の番号がモニターに映されるというしくみです。

いやー、ちょっとあやしいのあったけど、常識範囲内で想定したし、いけるっしょ。



発表の瞬間。こい!005番。



っしゃー!あったー!


ん?



近寄ってみると

002番
006番


あ!

見間違えた!ってか落ちてる!


というわけで、落ちました。おもわず声出た。


即退場ってカンジで帰ってきました。タダで帰るのは納得いかないので

すごく気になっていたバスに乗って帰ってきてやりました。


母に報告すると、リベンジ頑張れとか、原付の事故が増えてるから試験も難しくなってるんやとか、フォローしてくれました。


結果は50点満点中42点。45点からが合格だそうです。


そういう『ちょっと足りない。惜しい。』みたいなトコロが自分らしさかなって思いました。初めての免許取得は失敗したワケで、小学の文集は、これを予知してたんちゃうかって思いました。


今日一日は免許持ってる人がカッコよく見えて、にくたらしくなりました。