●○動機は不純

今週末にはもう大会なんですね。先週末はまた雨だとか、ツアー行ったと思ってた吉田さんが長居で滑ってたとか、テルが縫うほどの怪我をしたり、Se-yaがグリっちょしてたとか、なんかドタバタしてますね。

そんな元気な私は上記の通り、雨で滑れないんじゃないか、そして吉田さんはツアーに出かけてると思っていたので、遠征に行ってました。いろいろ盛りだくさんでした。友さんに(思いっきり手を抜いてもらったけど)スケゲーして1回勝てた。180パレードが通用する相手がここにいたでー!でもその後はフルボッコにされた。


日曜夜にひでみさんから電話もらった。かなり心配してくれてますw
『大会頑張ったら、ビール奢っちゃる』といってもらえたので、よりいっそう頑張りたいと思います!ぐびぐび楽しみ!


●○●○●○

今朝、自転車で出勤時のことですが。

目の前でJKいわゆる女子高生がいきなりうずくまりました。ビックリした。思わず自転車降りてかけよって「大丈夫?」と声をかけたら『すいません、大丈夫です』って。どうしたらいいかわからなくてとりあえず背中さすってみた。もうお姉さんパニックです!あわわ。

「いやー、全然大丈夫に見えないよ!こんな時に『大丈夫じゃないです』とかいわないよね!ははっ。学校この近く?」
『はい、すぐそこです』

顔あげたら目の前が学校でした。近っ!ごめん気づかなくて!


とりあえず、こういう不安な時(?)、どうしたらいいのかなって思ったけど、「私ならギュってされてると落ち着く」という自分に置き換えたナイスな思考がピピッと働きました。「大丈夫?しっかりね。立てる?」と背中ささえながら細い腕を支えつつ、学校に送ってあげようと。朝ご飯、納豆だったんだけど、臭くないかな・・。大丈夫かな・・・。


とか思ってたらおばちゃんが「どしたの!?」と。ち、違いますよ!痴漢とかしてるワケじゃないんです!


『学校の先生呼んできたるわ』とおばちゃんはススーっと自転車で学校のほうへ。先生が駆け寄ってきて、私は仕事を遅刻しそうになったので汗かきながらチャリこいで無事出勤。

こういうシチュエーションって恋に落ちる時のヤツやー!とか妄想膨らんでました。倒れそうになるのを支えてもらって「あ・・・すいません。ポッ。」ってなるとか。痴漢から助けてもらうとかもありますね。よかったらお礼を、みたいな。も、もしかしたら、私とJKの恋が始まるかもしれんぞ!


とか思ったりして。へへっ。


●○●○●○


修行のように雨に打たれていた私の布団ですが、ついにカビが生えてた!


今日はごみの日だったのでゴミ捨て場に背負い投げのごとく投げ飛ばしてきた!