●○恋愛の勉強

初めて好きな人が出来た小4から中3、高1〜高3まで、片想いをずっとしていました。

最近の学園もののいわゆる少女マンガとか見ても、「すすんでるな〜」とか「普通に携帯が出てくる」とか。

小5の時に友達3人と交換日記をしていて、私は好きな子の名前とかを書いていたんですが、それを本人に見られて、学級会で抗議を受け、なぜか「ごめんなさい」と謝らされる、なんとも甘酸っぱい思い出もあります。ノーヘルの容疑をかけられ先生に怒られ、“1ヶ月自転車禁止”を受けたことも。体育祭のフォークダンスとか手を繋いでもらえないなんてザラ。オクラハマミキサーが虚しく聞こえてきていました。水泳の時に「ゴリラみたいな息継ぎをする」とも言われ、それ以来、水泳恐怖症にまで陥りました。てめぇ、ゴリラに謝れや!

高3の時にやっと、バレンタインが渡せたんですが、「重たいと思われたくない」とか「他の女の子に埋もれたくない」とかいう気持ちで、ウルトラマンのフィギュアがおまけ付きのラムネみたいなのをあげた覚えがあります。しかも『余ったから!ついでなんだからね!』みたいなセリフを添えて。あほだ。



イケメン★ホスト学園というのをやっておりまして。もう2次元に逃げてます。今、年下の男の子にめちゃくちゃなつかれています。か、かわいい!

ひたすら、男の子と会話をする(9割8分、向こうから一方的。こっちはマウスをカチカチしてるだけ)。それで体力や行動力を消耗するそうです。会話するのに体力消耗?まじすか。でもですよ。でも、普段言われたことのないセリフを言ってもらえるんですよね。言ってっていうか画面に文字が出てくるっていう意味です。年下のくせに!このぉ!なんて言ってしまいます。こっちはリアルに言ってます。あと、よくわからない同級生の女の子と会話しても減ります。


なので、

アイテムを買えという表示がひたすら出てくる。1週間に1回くらいしか会話してもらえません。もちろんストーリーも全くすすまない。


なので、このストーリー進行状況「大嫌いだった自分の名前が大好きになった」とか言ってますけど、この子の名前が思い出せません。


恋愛の勉強は前途多難です。ただ、この年下の子はかわいい。