●○梅田デート

「待ったー?」
『ううん、今来たとこ』
そんなおとぎ話みたいなコトばっか言ってられるか!


今日は仕事終わりに8時に梅田で待ち合わせです。

どきどきしながら長居駅で電車を待つ。

もうここから勝負は始まっているのです。

待ち合わせ時間を5分ほど遅れるというこの余裕っぷり(私が)。何様なのでしょうか(私が)。仕事なら「寝坊しました」とか「やたら赤信号にひっかかった」とか「捨て猫を保護してました」とか通用するんですけどね。今回はそうはいきませんよ。どうしよう。ちょっと時間があったから魔がさしてしまって家でビール飲んでたら遅れたなんて言えません。



お待ちどうさまでした!

母です。

少々、御立腹な様子。『今来たとこ』ではなさそうです。メールを見ると30分前にもう到着してるじゃないですか。うわわ!

「電車が遅れた」「人に道を聞かれていた」「母と間違えて違う人と店に向かっていた」どれもリアルですが信用してもらえるわけありません。


申し訳ございません!(半笑い)

謝るにはまずそのふざけた帽子を取れと思われても仕方ないんですが、サクセスを愛用していない私は生え際にプライドが無いのでこれで勘弁。


ご飯を食べに行くという名目ですが、もう完全に説教の匂いがプンプンしていました。言われるがままに、母の行きたいという店に。後ろをついていくしかないない私です。ん?なんか違和感・・・。母、それって・・・。

何その服ー!


説教部屋行きのはずが笑いをこらえるのに必死。どういう店で買ったらそんな服が手に入るのw

母のセンスは抜群です。




梅田の東通りらへんの北海道なんとかという店へ。読めぬ。


元気に魚が泳いでまs・・・。


なんか高そうなメニューです。枝豆とかはありませんでした。


とりあえず、生。


うわーん。親指でかいよー。もう食べ方わからぬー!と涙目になっている私を横目に


豪快に食らう、母。素手かよ。頼もしすぎ。


刺身盛り合わせ。9割、氷。


鍋。もやしが一番おいしかったという職人泣かせの舌しか持ってません。


結局、どこの居酒屋でも食べられるシーザーサラダで満足。


それさえも母に取り分けてもらうという。



必死に写真を撮ってたら手元が狂ってデジカメを醤油につけてしまった。

にょどさんブログみたいにしようと思ってっからそうなるんや!


何の話しようかなと悩んでいましたが、スケートの話も聞いてくれて、仕事の話もしつつ。


実家に帰るか、お見合いパーティーに行ってみなさい、嫌なら年収の高い男をゲットするか、宝くじを当てるか、など、もう金儲けの話にそれてしまいました。


『あんたは結婚にむいてないんじゃから。でも社会勉強だと思って一発くらいやったらええんじゃ。』

・・・。なんかよくわからん。



帰りに急激におなかが痛くなって、ホームとトイレを往復すること30分。やっと電車に乗れて、無事家まで帰ってこれました。高級なものを食べ過ぎて体がビックリしていたのだと。


母が髪を切って現在放送中の『リバウンド』の相武紗季みたいになってました。めっちゃかわいかった。




でもやっぱこれは・・・w