●○HOW TO

先日購入したトランスワールド。に付いていたフラットトリックのHOW TO。

わっ!ちょっとっ!


ネコ様達は気にしない。



なんかこうDVDになっちゃうと有名人って勝手に思ってしまう田舎者ですので、ちょっと遠い存在って切なくなります。いやー。ユウタマンとか「こんなDVDになる人を“56年組”っつって親近感持ってちゃいかんな。雲の上の人なんだな」って。同い年、あたしも頑張らないと。


いやいや、まだ19歳だった。自分。あれ?同じような事いってる人がいた。

さて、そんな話はいいとして。



そうです。このHOW TO DVD。怒られるかもだけど、ウォーキングがありません。


すごく困るのです。人に聞かれた時、どういう風に答えていいのか。トリックについては「すごい」とか「やばい」で終わるんだけど、ウォーキングについては、『マネしたら出来そう』って思うんじゃないかなって。お手軽そうだし。


最初に吉田さんに教えてもらいました。でも言葉より、吉田さんを見てマネしようってなった。あとは自分を撮ってもらったりとか。

結局、体で覚えてしまって。でも覚えるのに半年とかかかるんですけどね。てかいまだに未完成なんですけどね。奥深いっすね。



だから、だいちゃんならわかると思うけどエンドウォークって、多分「ぐいっと!ニョロっと!ヌメーっと!タイルのこの線にそって確実に180℃しゅわっと!」みたいな言い方しかしてません。



ウォーキングって地味なんだろうけど(tkcさんに昔言われた)、実際今日、「スピンどうやってんの?」って聞かれたし、ドッグウォークのマネしてる子もいるし、“ウォーキング”を知らないでフリースタイルのセッティングの子もいる。

必須じゃないんだろうけど、めちゃくちゃ便利だし、出来て損はないと思うし、出来たらよりいっそう、スケートボードにハマるんじゃないかなって。なによりウォーキングしてたら、休むヒマないってのが、私は好きです。ちょっと休憩って時でもデッキ降りる必要ないし、ずっと乗っていられる。飲み物飲んでる時はさすがに乗らないけど、ちょっと乗らないとすぐ感覚忘れちゃう私にとってはリハビリのような気分転換のような。あわわ、ウォーキング愛を語ってしまった。


とりあえず「それ、どうやるの?」って聞かれた時に、すごく困るんです。言ってすぐわかるもんじゃない(と思ってる。自分がそうだったから)。でも多分すぐ成果が出た方が楽しいんだと思う。だから間違ってない解説をしたい。でも自分には出来ない。すぐ「吉田さんの方がうまいから、あの人に聞くといいよ」とか「だいちゃん!ちょっとこっちきて!」と人任せにしてしまいます。



ううー。兄さんところで勉強しよっと。いや、ここは吉田さんとこのKOSで・・・。


うわぁ!

トップ写真で鼻血出そう!


ひたすら吉田さんがみれます。エンドレスで。贅沢なサイトですね。

てか、これDVDにならないんすか?